News

シャープマスク通販開始!売り切れ次第終了し、毎日午前10時頃に在庫補填されるとのこと

シャープマスク通販販売使い捨て

2020年4月21日10時から通販サイトにて販売が開始された「シャープ製のマスク」。発売前から話題になり、アクセスの殺到が予想されていました。

実際、サイトオープン後はアクセス集中のためアクセスしにくい状況が続いています。

SHAPRでは、発売から5月10日(月)までは、翌日午前10時頃に在庫を補填するとしています。
残念ながら今日、サイトへつながらなかったり、売り切れで買えなかった方は翌日、午前10時以降に再度確認してみてください。

シャープマスク通販概要

大阪府堺市に拠点を置く電機メーカーのシャープ株式会社が、個人消費者を対象に4月21日からマスクの販売開始をしました。
マスクの販売は、株式会社「SHARP COCORO LIFE」のECサイトにて行われています。

シャープマスクの価格は2980円(税別)で、送料が別途660円(税込)かかります。
購入には、無料会員登録が必要となり、支払方法はクレジットカードのみとなっています。

  • 支払い方法:クレジットカードのみ
  • 送料:660円(税込み、全国一律)
  • 配送:佐川急便
  • 納期:通常2~7日

SHARPのマスク通販サイトで売り切れていたら

シャープのマスク販売サイトでは、毎日午前10時頃に在庫が補填されるということです。
翌日以降、再度通販サイトを確認してみてください。

マスク購入は会員登録が必要

マスク購入には、シャープ通販サイト「ココロライフ」で無料の会員登録が必要ですが、いつでも退会できます。
新規会員登録で入力する項目は以下のとおり。

【登録必須項目】

  • メールアドレス
  • パスワード
  • ニックネーム

【登録任意項目】

  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号

購入制限1人1箱まで(一定期間)

また、1人でも多くの方にマスクを届けるため、シャープでは一定期間に購入できる数量を1人1箱までとしています。4月21日時点では、購入日を含め3日間は再購入できません。

シャープマスク販売[TOPICS]

シャープマスク販売サイトにつながらない

マスク販売初日の2月21日は、アクセス集中のため販売サイトにつながりにく状況が続いているようです。サイトにつながっても会員登録で止まってしまうなど、急に増えたアクセスには対応が難しいようです。
アクセスが落ち着けばサイトが表示されるようになりますので、時間をおいてページを更新してみてください。

ただ今、アクセスが集中しており、販売サイトにつながりにくい状態が続いております。お時間をおいて再度お試しください。ご迷惑をお掛けいたしますことをお詫び申し上げます。

シャープ「個人のお客様向け マスク販売のお知らせ」


シャープマスク通販公式サイト:COCORO LIFE (ココロライフ)

認証コードのメールが届かない

認証コードのメールが届かない時は、SHARPのメールドメインが受信拒否になっている可能性もあります。
メールが届かないときは、まずは迷惑メールに入っていないか確認します。
迷惑メールホルダーに入っていない場合は、「sharp.co.jp」からのメール受信許可設定を行います。
ドメイン受信許可設定方法は、各メールサービス(docomo,softbank,auなど)でご確認ください。

マスク性能

SHARP不織布マスク(MA-1050)は1箱50枚入りで、「99%カットフィルター」を採用しており、PM2.5や花粉のみならず、ウィルス飛沫、微粒子などからもしっかりガードされます。

国産・三重県多気工場クリーンルームで製造

シャープマスク国産・三重県多気工場クリーンルーム
画像:シャープ

シャープがマスク製造を行っているのは、三重県多気工場の液晶パネルも製造可能な”クリーンルーム”です。
シャープの三重県多気工場は、環境保全活動にも力を入れており、その活動は各部門で表彰されるなど高く評価されています。

【環境への取り組み】

  • 省エネ
  • 資源循環
  • 悠売物質除去
  • 廃棄物削減
  • 地域貢献
  • 共生

【環境・社会貢献活動の受賞歴】

対象 受賞歴一例
三重事業所の「液晶ディスプレイ製造工場の徹底した省エネ活動」2019年度省エネ大賞「省エネルギーセンター会長賞」受賞
三重工場の環境・社会貢献活動情報誌2018年版【第22回】環境コミュニケーション大賞・優良賞」受賞
佐奈川を美しくする会の取り組み【第31回】国土交通省「手づくり郷土賞(一般部門)」認定
工場周辺の清掃等美化活動、森林再生や生物保護等の生物 多様性保全、遊休農地の再生や不用品を有効利用した地域 支援、小・中学校への学習支援を実施。平成30年度地域環境保全功労者表彰

新型コロナでのマスク不足の中、政府の要請を受け製造開始

シャープは政府の要請をうけて、2020年2月28日にマスクの生産を決定しました。
そして2020年3月24日から、三重県多気郡多気町の工場にてマスクの生産を開始しました。
スタート当初は、1日約15万枚の生産体制とし、将来的には1日50万枚を目指すということです。
政府への納入および、一般客向けにはSHARP COCORO LIFE ECサイトでのみ販売されます。

SHARP COCORO LIFE ECサイトとは

SHARP COCORO LIFE ECサイト
画像:SHARP COCORO LIFE

SHARP COCORO LIFEとは、2019年10月1日に誕生したAIoT技術によって各種機能を繋げるサービスです。
シャープで初めて製造さえたマスクは、SHARP COCORO LIFEのECサイト(オンンライン通販サイト)から販売されます。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。