PRESS

ビーガンスイーツ専門店「hal okada vegan sweets lab」オープン!100%植物性食材のみ使用…

ヴィ―ガンスイーツケーキ専門店hal okada vegan sweets lab

2020年8月19日(水)、カフェ・カンパニー は、東京・広尾に、100%植物由来の食材のみを使用したビーガン・スイーツのテイクアウト専門店「hal okada vegan sweets lab(ハル オカダ ビーガン スイーツ ラボ)」をオープンします。卵や牛乳などの動物性食材を一切使用せずにスイーツを構成する「ビーガン・パティシエ」として研鑽を積んだ初の専門店となります。

「lab = 研究所」で日々進化するビーガン・スイーツが自宅で楽しめる

パティシエが探求を続ける「lab = 研究所」で日々進化するビーガン・スイーツが、テイクアウトして自宅で楽しめます。

スイーツに欠かせない、しあわせな甘さとコク。
100%植物由来の食材だからこそ実現する、やさしさ。
「ひと口食べれば誰もが笑顔になれる」
そんなおいしさを追求する、
ビーガン・パティシエ 岡田春生によるスイーツをお届け
!

店名の「lab」は、ここを拠点に100%植物由来の食材のみを使用するビーガン・パティシエ 岡田春生氏が日々スイーツを探求し、商品を提供していくということを意味しています。
進化し続ける商品をオープン時は、岡田氏の代表作でもある「苺のビーガン・ショートケーキ(ホール ¥4,300 / ピース ¥680 ※全て税抜)」の1商品からスタートし、今後、季節限定商品や新商品の発売、EC販売での全国配送も予定されています。

事前にWEBサイトでご予約・決済をいただくテイクアウト専門店として営業をしています。また、新型コロナウィルスの感染拡大防止対策も考慮し、店頭ではキャッシュレス対応となっています。

ビーガン・スイーツ専門店オープンの背景

カフェ・カンパニー株式会社(以下、当社)は、創業からの約20年間、「カフェ」を舞台に様々な⼈々が共感で集うコミュニティの場を創造し、“⾷”を中⼼とした⽂化を通じて⽣活提案を⾏ってまいりました。かねてより「美しく、活き活きとした“Well-Being”な社会を創造する」というミッションのもとに“⾷”を通じてイノベーションを起こすべく、表参道の発酵料理店「発酵居酒屋5」やビーガン・カフェ「Trueberry」をはじめ、多様な業態の開発も推進しております。

また、世界でのビーガンの市場規模は2018年に100億ドルを超え、2020年には109億ドルにのぼると予測され(※1)、⽇本でのビーガン市場も2020年には2019年比で38.4%上昇し、246億円となっております(※2)。この要因には、食物アレルギーを持つお子様が10年で2倍に急増し、その70%以上が動物性食材であること(※3)や、全世代において健康や環境の観点から動物性食材を摂取しない食生活を送る方が増えていることもございます(※4)。

このような背景から、この度、100%植物由来の食材のみを使用するビーガン・スイーツ専門店「hal okada vegan sweets lab」をオープンすることとなりました。

カフェ・カンパニー

——————————————
※1:出典:ユーロモニター
※2:出典:2020年5月 / TCPマーケティングリサーチ株式会社「植物性代替食品市場の最新動向と将来展望」
※3:出典: 2014年度 / アレルギー疾患に関する3歳児全都調査
※4:出典: 2019年12月 / 日本のベジタリアン・ヴィーガン・フレキシタリアン人口調査 by Vegewel
——————————————

ビーガン・パティシエ岡田春生氏メッセージ / プロフィール

ビーガン・スイーツの開発から16年。

きっかけは、卵や牛乳などの食物アレルギーで洋菓子が食べれない子供たちへ夢を与えたい、という思いでした。時代と共に、アレルギーをお持ちの方のみならず、ビーガンの方や健康の観点から好まれる方からの需要も増えていき、100%植物性食材のみで構成した洋菓子の需要を日々実感しています。

私が目指すのは、「誰もが楽しく1つのテーブルを囲むことができる『ボーダレスな食』を提供すること」です。植物性食材に対する需要をお持ちの方にも安心してお召し上がりいただくことができ、そうでない方にも満足な美味しさをご提供できること。それが、私が考える「ボーダレスな食」のあり方です。

この度、広尾に、その探求をしていくためのLAB(ラボ)として「hal okada vegan sweets lab」を構えることとなりました。当店を拠点に、今までの経験に甘んじることなく、スイーツの更なる可能性を探求していきたいと思っています。

▼岡田 春生(おかだ はるお)

「hal okada vegan sweets lab」

エグゼクティブ・パティシエ

チャヤ マクロビオティックスでのシェフパティシエや鎌倉の日本初ビーガン・スイーツ専門店「halcafe 229」オーナーパティシエなどの経験を経て、カフェ・カンパニー株式会社に専属のエグゼクティブ・パティシエとして参画。飽くなき探究心で、食の未来を見据えたスイーツを提供している。

カフェ・カンパニー

ビーガン・スイーツ専門店「hal okada vegan sweets lab」商品概要

苺のビーガン・ショートケーキ(ホール)
¥4,300(税抜)

苺のビーガン・ショートケーキ(ピース)
¥680(税抜)

ホールケーキは、WEBサイトでの事前予約・決済のみとなります。また、ピースケーキは当日の来店でも購入可能ですが、数に限りがありますので、WEBサイトでの事前予約をおすすめします。

ビーガン・スイーツ専門店「hal okada vegan sweets lab」店舗概要

【店  名】hal okada vegan sweets lab
(ハル オカダ ビーガン スイーツ ラボ)
【オープン】2020年8月19日(水)


 時間  : 11:00-19:00(定休:水曜日)
 WEB : http://www.halokada.com
 SNS  : @halokada_vegansweets
https://www.instagram.com/halokada_vegansweets

▼お買い求め方法 : WEBサイトにて事前ご予約・決済を承っています。

※上記の営業時間は通常営業時です。新型コロナウィルス感染拡大防止の為、休業 / 短縮営業となる場合があります。

カフェ・カンパニーについて

日本国内外において、「コミュニティの創造」をテーマに「WIRED CAFE」をはじめとする97店舗(2019年11月15日現在)のカフェを企画・運営するほか、商業施設等のプロデュースや地域活性化事業も手掛ける。また、2019年11月1日より株式会社subLimeと経営統合し、「GYRO HOLDINGS」を発足。

GYRO HOLDINGS コーポレートサイト : https://www.gyro.holdings

<展開ブランド(一部抜粋)>
WIRED CAFE、ALFRED TEA ROOM、フタバフルーツパーラー、Trueberry、ROSEMARY’S TOKYO、MOJA in the HOUSE、PUBLIC HOUSE、食堂居酒屋 どいちゃん、発酵居酒屋5、 …etc

カフェ・カンパニー 店舗運営ポリシー <店舗をご利用いただくお客様へのお願い>

店舗では、営業に際し、お客様・スタッフ、その家族を守る為、下記の衛生ガイドラインを設けて取り組んでいます。皆様のご理解・ご協力をお願いします。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    おいしそう!植物性のほうが体にもいいので見た目も可愛くておいしいならこっちの方がいい。

  2. ざいか より:

    実は最近ビーガンのお菓子のレシピにとても興味を持ち始めたのです。バターや卵を全く拒否するつもりはありませんが、ビーガンのお菓子もぜひ試してみたいと思います。

  3. 匿名 より:

    私もアレルギーがあるので安心して食べられるビーガンスイーツは良いなと思いました。
    見た目もとても美味しそうです。

  4. aya より:

    ビーガンでこんなに本格的なスイーツが食べれるなんてすごいと思います。

  5. 匿名 より:

    美味しそうですね!ビーガンではないけど食べに行きたいです。

  6. 匿名 より:

    少しお値段が高い気がしますが、とても気になるので是非お試ししたいです!

  7. 匿名 より:

    健康にも良く美味しそうなので、試してみたいです。

  8. チコ より:

    体に良さそうなので食べてみたいと思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。