News

国立科学博物館【VR】見学無料公開|自宅からバーチャル観覧(新型コロナで自宅待機のこどもたちへ)

国立科学博物館VR無料公開

東京の上野にある国立科学博物館は、休館中であっても自宅で国立科学博物館内を楽しむことができる「VRでの見学体験・無料公開サービス」を2020年4月24日(金)から開始することを発表しました。

自宅でVR専用のゴーグルを用意することで、館内を見学しているような気分を味わうことができる画期的な取り組みです。

また、国立科学博物館の公式ホームページ上でも無料で館内の科学にまつわる展示物の映像を見られるようにするなど、自宅にいながらも科学を楽しめるような取り組みが始まります。

【VR】見学無料公開期間はいつからいつまで

  • 無料体験公開日いつから:4月24日(金)
  • 無料体験公開期間いつまで:未発表

【目的】自宅待機の子供のため

現在、コロナウイルスの影響で緊急事態宣言が出されていることから自宅待機を余儀なくされている子供達。
子どもたちの学校も休校になっている上、文化関連施設も休館となっており、学びの場が少なくなってしまっていることから、自宅で科学を味わえる機会にしてほしいということです。

【VRとは】バーチャルリアリティの略

VRとは、仮想現実とも言われ「目の前にある現実とは違う場面を、リアルに体験できること」です。

現在もっとも身近に普及してきたVRの例は、「立体ゴーグル」です。
VR専用ゴーグルを装着することで、立体的な映像を見ることができます。
VRゴーグルをスマホとBluetooth接続することで、ディスプレイ表示をVRで立体的に体験するといったことが可能です。

【無料動画配信中】企画展「ボタニカルアートで楽しむ日本の桜 ー太田洋愛原画展ー」

新型コロナウイルス感染拡大を受け、東京の上野にある国立科学博物館では、当面の間休館することが決まっています。
休館に伴い、もともと3月14日から4月12日の間で開催する予定だったボタニカル展も中止となってしまいました。
そこで、実際に館内に足を運ばずともボタニカル展を楽しんでもらうために国立科学博物館では展示紹介の動画を公開することになりました。

動画は3部編成になっており、それぞれのテーマに沿って解説がされています。
1部はボタニカル展の企画概要と、日本の桜についての紹介です。日本植物分類学の父と言われている牧野富太郎氏が採集した桜の標本を見ることができます。
2部は太田洋愛氏の人物について解説があります。また、「日本桜集」の共著者である大井次三郎氏の人物像についての解説も含まれています。
3部がメインとなり、太田洋愛氏の描いた桜図が見られるようになっています。また、描画の素材となった品種の標本の紹介も含まれます。芸術性も感じられるボタニカルアートが体感できるコンテンツになっています。

それぞれ国立科学博物館の公式ホームページや、国立科学博物館のYouTubeからコンテンツを見ることができるので、ボタニカル展の開催を楽しみにしていた方には朗報です。

#映像を見るには【VR専用のゴーグル】が必要

上野国立科学博物館:
https://www.kahaku.go.jp/

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。