News

マイナポイントとは|よくある疑問を解消~いつからつまで?

マイナポイント疑問作り方

マイナポイントとは何のこと?

マイナポイントって最近よく聞くようになりましたが、なんのことか分からないという方も多いのではないでしょうか。

「マイナポイント」とは、キャッシュレス決済手段とマイナンバーを紐付けることで、決済またはチャージ額の25%(上限5000円)を還元するキャンペーンです。総務省が主導し、キャッシュレスやマイナンバーの利用促進、消費増税や新型コロナウイルスで落ち込んだ経済を活性化させる狙いがあります。
前回の「キャッシュレス・ポイント還元」とは異なり、多くのスマホ決済の場合、還元はチャージ時に行われます。つまり、2万円をチャージすると、5000円相当が余計チャージされるというわけです。なお、クレジットカードでは決済額の25%が還元されます。

マイナポイント期間はいつからいつまで

2020年9月から2021年3月までの7ヶ月間です。
予約申し込みは2020年7月1日からとなります。

マイナポイントを貰うために必要なものは何?

マイナポイントを貰うには、マイナンバーカードとマイキーIDの設定をする必要があります。マイキーIDとはネット上で本人確認のために必要なIDで、自分の好きな文字列に設定できるため、覚えやすいIDに設定することができます。マイナンバーカードを所持してない方も多いと思います。交付申請から市区町村が交付通知書を発送するまで、概ね1か月間となっていますので、早めに申請する方が良さそうです。

マイナポイントはどこで使えるポイントなのか

マイナポイント登録時にキャッシュレス決済サービスを1つだけ選択する必要があり、お買い物もしくはチャージをすると、選択したキャッシュレス決済サービスのポイントとしてマイナポイントが付与されます。
選択できるキャッシュレス決済サービスには、PayPayやメルペイ、楽天ペイ、nanaco、Suicaなどがあります。

マイナポイント事業の狙い

マイナポイントの活用により、消費の活性化、マイナンバーカードの普及促進、官民キャッシュレス決済の基盤を構築することを主な目的として行われているのがマイナポイント事業です。
この度のコロナ騒動により、一層重要度が高まってきているマイナンバーカードの利用普及が課題となっており、そのインフラ構築のためにも最近注目を浴びている国家事業です。

気になる疑問を解消

分からないことが多いマイナポイントですが、活用することでお得に買い物ができますので、疑問を解決して活用してみてください。

nanacoでマイナポイントを利用する方法

セブンイレブン(マルチコピー機を使用)にて2020年7月1日から8月31日までにnanacoとの紐付けを行う必要があります。 それ以後(9月以降)はセブン銀行ATMにて受付が可能です。 nanacoを利用してマイナポイントを獲得するためには、nanacoチャージを行う必要があります。 nanacoによる商品購入ではマイナポイントが付与されませんので注意が必要です。

スイカでマイナポイントの受け取りと還元率

事前にSuicaをJRE POINTに登録したうえで、「マイナポイントアプリ」などでマイナポイントの申込みを行なう。9月1日から2021年3月31日までの間に、マイナポイントに紐付いたSuicaにチャージをすると、チャージ金額に応じて最大5,000ポイントのJRE POINTがマイナポイントとして付与される。

スイカへのマイナポイントは、チャージした場合即座に還元されます。例えばスイカで2万円をチャージすればその25%の5000円が追加でチャージされるので、還元を待つ必要がありません。さらにスイカは独自のキャンペーンとして国から還元される5000円に追加で1000円が上乗せチャージされるとのことなので、20000円チャージすれば26000円が入金されるとのことでかなりお得感があります。

子供の分のマイナポイント

大人だけでなく子供にも付与されます。15歳未満の未成年者なら保護者など法定代理人が手続き可能で、保護者名義のキャッシュレス決済をポイント付与対象として申込むこともできます。ただし保護者が自分名義のマイナポイントを受け取るのと同じキャッシュレス業者を選ぶことはできず、違うサービスを選択する必要があります。 もちろん、大人と同じように2万円分のチャージや買い物が条件となります。

登録が大変そうだし、個人情報漏洩が心配

登録が大変に感じる方もおられるかもしれませんが、マイナポイントは還元率が大きいので、マイナンバーカードを持っていればかなりお得に利用できます。登録する手間よりもリターンが大きいかと思います。登録方法も思っていたほど大変ではなく、アプリからも登録可能です。登録にマイナンバーを使うことがないので、個人情報が漏洩することもないと公式ページにて説明されています。

買い物の時にマイナンバーカードを見せないといけないのか

買い物の時にマイナンバーカードをお店で見せる必要はありません。まず最初にマイナンバーカードを取得して、特定のキャッシュレス決済手段と紐づけることであとはそのキャッシュレス決済をするだけで自動で25%が還元されます。ただし還元の上限は5000円なのでそれ以上(つまり20000円以上)の買い物をしてもそれ以降は還元対象にはなりません。

マイナンバーカードにポイン機能が付くわけではない

マイナポイントは、マイナンバーカードにポイントを付けたり、クレジットカードのような機能を付けるサービスではありません。アプリを使ってマイナンバーカードとキャッシュレス決済を紐付けする必要があります。
支払い方法は、キャッシュレス決済事業者のページで確認し、対象の支払い方法を1つ選びます。スマホにマイナポイントアプリをダウンロードし、アプリからマイナンバーカードを読み取り、マイキー IDを発行、このマイキー IDと各キャッシュレス決済手段を紐つけします。
スマホがマイナンバーカードが読み取れない機種だったり、ダウンロードできない場合は、専用端末が全国に9万箇所あるので、端末からも手続きを行う事ができます。

マイナポイントアプリがスマホでダウンロードできない。

スマホの機種が古いとマイナポイントアプリはダウンロードできません。その場合は携帯電話ショップに行ってダウンロードするか、市役所やコンビニでもダウンロードしてくれるそうです。このアプリをダウンロードしないと市役所でIDを発行してもらっても何も意味はありません。ただ個人情報の事があるのでコンビニよりも携帯電話ショップや市役所の方が丁寧に対応してくれると思います。

【マイナポイントまとめ】

マイナポイントとは国から決済事業者を通じて付与されるポイントのことで、申請にはマイナンバーカードとマイキーIDが必要になります。
チャージまたは購入によって25%、上限5,000円分のマイナポイントがもらえるしくみになっています。マイナポイントの施策は期間限定で、付与期間は2020年9月〜2021年3月までになります。

関連記事

POSTED COMMENT

  1. 匿名 より:

    5000円早く欲しいです。

  2. 匿名 より:

    5000円は大きくて迷いますね。マイナポイント、言葉だけ知ってる感じだったので理解出来てよかった!

  3. 匿名 より:

    先日マイナンバーカードを受け取ったばかりなので早速してみたのですが、カードを読み取れなくて未だ出来ていませんでしたが、専用端末があるということを知り早速探してみようと思います。

  4. 匿名 より:

    名前だけは聞いたことあったけど還元とかあったんだーって感じ。ただやはり手続きに時間がかかるとなると面倒くさいが勝ってしまう…

  5. 匿名 より:

    マイナポイント、気になってますが、イマイチマイナンバー登録に関して良く分からなくて、登録が伸び伸びに…スマホで簡単に出来るんですね!早速やって見ます。

  6. もつ鍋 より:

    子供のマイナポイントに関する情報は助かります。
    選べないのはちょっと嫌ですね。

  7. 匿名 より:

    9月からの開始、楽しみにしてます。

  8. 匿名 より:

    マイナポイントという言葉を最近良く見かけるのに意味を知りませんでしたが、理解出来ました。

  9. 匿名 より:

    マイナポイントアプリに画像の説明があると嬉しいです。

  10. 匿名 より:

    最近よくCMを見るマイナポイントですが、よく分かりました

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。