スマホアプリ

【無料で送れる】LINEで年賀状の送り方6選!2020年スタンプ

LINEで送る年賀状

2020年のLINEで送れる年賀状を、おすすめ順に6パターン紹介していきます。無料をメインに、3分の簡単操作でもらえる動く年賀状など。高品質のデザインを作りたい人向けには有料サービスを1つご紹介します。※全て2019年年末~2020年年始の期間限定。

最新記事:今年のお年玉年賀状は当たり?はずれ?抽選結果をチェックしよう!>年賀状の当選番号一覧「2020年」

①無料のぽすくまLINE『動く年賀状』(無料)

ぽすくまLINE年賀状

日本郵便ではLINEで送れる『動く年賀状』が完全無料で”もらえる”サービスをやっています。

私が無料でもらったLINE年賀状はこちらです↓

年賀状ダウンロード画像

ぽすくまLINE年賀状の仕組み

ぽすくま「ガチャ年賀」というのが正式サービス名で、ガチャを回してランダムにLINE年賀状が貰えるという仕組みです。
ガチャは回数無制限なので、何回でも遊んで新しい年賀カードをゲットできますよ。人気のLINEスタンプクリエイターさんのかわいい年賀状が、全部で35種類用意されています。

ぽすくまLINE年賀状の使い方

ぽすくま年賀状を無料で作る~送るまでの流れを説明します。アプリを連携させても課金はありませんので安心して使えます。

・ぽすくまアカウントをLINEの友達追加
・ぽすくまから送られてくる「ガチャ年賀」ボタンを押す
・動く年賀状が貰える
・貰った年賀状画像をタップして、全画面表示にする
・右下の↓(下矢印)ボタンをタップしてスマホに保存
・LINEトーク画面で友達に年賀状画像を送信する

すごく簡単で早ければ2~3分で年賀状が送れるのですっごく楽しいです♪

本当に無料で使える?料金は?

ぽすこみ「ガチャ年賀」はもらった年賀状を「ラインで送る方法」と「年賀状に印刷する方法」の2種類作から選べます。LINEで年賀状を送る場合は、完全無料。0円で使えます。なんの縛りもなく、広告も入らないのにお金がかからないのは節約になって本当にありがたいですね。無料でも印刷前提のデザインなので完成度は高いです!

LINE連携のメリット・デメリット

ちなみに、ぽすくまLINEと友達連携させると、再配達がLINEからできて便利♪プッシュ通知がうざいというよくあるデメリットも感じません。ぽすくま連携は年末年始が終わっても残しておくと使えます。

②LINE『年賀状スタンプ』(無料~250円)

LINE年賀状スタンプ

一番簡単にLINEで年賀状が送れるやり方といえば年始のあいさつスタンプですね。(あけおめ、ことよろなど。)無料のものだと言葉が短いので、有料の年賀状スタンプもご紹介します。

年始の挨拶・無料スタンプ2020

無料LINE年賀状スタンプ2020
スタンプ名エネゴリくん 
配布期間2020年1月20日まで
条件友達追加で無料スタンプGET!
年賀状スタンプ1種類:あけおめ
スタンプ名うるせえトリ×ライザップ
配布期間2020年1月20日まで
条件友達追加で無料スタンプGET!
年賀状スタンプ1種類:あけおめ
スタンプ名東京タラレバ娘×バファリン 
配布期間2020年1月20日まで
条件友達追加で無料スタンプGET!
年賀状スタンプ1種類:あけおめ
スタンプ名オリコトリ★スタンプ第5弾♪
配布期間2020年1月30日まで
条件友達追加で無料スタンプGET!
年賀状スタンプ1種類:あけおめございます。2020
スタンプ名ねこぺん日和×ユニクロ
配布期間2020年1月6日まで
条件友達追加で無料スタンプGET!
年賀状スタンプ2種類:あけおめ ことよろ ※よいお年を

有料の年賀状スタンプ2020

有料で年賀状代わりのスタンプを買うなら、ポイントキャンペーン付きが喜ばれます。キャンペーン年賀スタンプを送った相手にはポイントがもらえるしくみになっていて、年始のちょっとしたプレゼントになりますね

ディズニー「ミッキー&フレンズ」年賀状スタンプ
販売期間 2020年1月7日まで 価格 250円

チコ ちゃん に 叱 られる スタンプ「 年賀状 」

販売期間 2020年1月7日まで 価格 250円

謹賀新年、ハッピーニューイヤー、
昨年は大変お世話になりました。
素敵な1年になりますように。賀正

カスタムはな子。 年賀状 スタンプ
販売期間 2020年1月7日まで 価格 250円
お名前入れて使えます。
例文 迎春、謹んで新年のお喜びを申し上げます。
今年もよろしく。あけましておめでとう。感謝

飛び出すはな子。 年賀状 スタンプ

販売期間 2020年1月7日まで 価格 250円
めでたい。今年も仲良くしてね、あけおめ。

LINE年末年始スタンプキャンペーン期間中のみ販売なので、注意してください。

③年賀状作成アプリからLINEへ(無料)

年賀状作成、無料アプリ

スマホで年賀状作成アプリを利用して、作った画像をLINEトークへ送信することができます。年賀状作成アプリは印刷用のものが多いので、画像保存ができるものだけをご紹介します。

年賀状画像のダウンロード・保存OKのアプリ
はがきデザインキット
つむぐ年賀状
CANBA年賀状

※しまうまプリント、みてね、おたより本舗、スマホで写真年賀状、おしゃれ年賀状、みんなの筆王、ディズニーキャラクター年賀状(富士フィルム)は、LINEで無料送信できません。

年賀状アプリは「作成」までは無料で、印刷は料金がかかるので、LINEで使える年賀状アプリは3種類だけなんですね。

④フォロワー企画に『デジタル年賀状』(無料)

デジタル年賀状LINE

LINEメッセージでネット年賀状を「デジタルはがきユーザーに贈る」サービス。
一番の特徴はキャラクターやアーティストへ年賀状が送れて、必ずデジタル年賀状の返事がもらえること。
2020年デジタル年賀状は、アナと雪の女王2、最初の晩餐の染谷将太×戸田恵梨香などに送れます。アナ雪では、メイン楽曲が聞けるデジタル年賀状がもらえます。

  • 参加期間:2019年11月01日(金)~
  • 2020年01月31日(金) 23:59

郵便局運営の「デジタルはがき」の料金は、なんと全部無料なんです。ユーザー登録だけは必要ですが、全種類無料は嬉しいですね。

⑤住所がわからなくてもLINE友と『年賀状トレード』

住所が分からなくても送れるLINE年賀状

相手の住所が分からない場合も年賀状が送れるサービス「年賀状トレード」は、LINEでも使えます。郵便局が提供している年賀状配達サービスなので、個人情報を守りつつ年賀状のやりとりが可能です。
年賀状トレードの中でグループを作ると、複数人での年賀状交換もできます。

ただこちらは、LINEアプリ外のサービスです。別に年賀状トレードのユーザー登録が必要なので少し敷居が高いですね。LINEから友達を誘って、年賀状トレードを利用する流れです。

ファンとの交流としてアーティストさんと年賀状交換ができるということで、フォロワープレゼント企画で年賀状を配布するインフルエンサーさんもいたりします。人気キャラクター、人気絵師さんがオリジナルの年賀状を配布しています。利用料金は無料です。

⑥印刷年賀状のデータをLINEで送信(有料1200円~)

印刷年賀状にするか、デジタルのLINE年賀状だけにするか迷いますよね? 相手によって年賀はがきを送ったり、LINE年賀状を送ったりと使いわける方法もあります。

おしゃれなつむぐ年賀状では、作成した年賀状をダウンロードしてLINEで使えて、さらに印刷注文することもできます。
同じデザインで、相手に合わせてLINEと印刷と使い分けてはどうでしょうか。宛名印刷も無料で頼めるのでおすすめです。

動画で送るLINE年賀状も無料

動画LINE年賀状

YOUTUBEやTikTokを見慣れていると、静止画年賀状につまらなさを感じる人もいるかもしれません。
動画の年賀状をLINEで送るやり方は、無料の「ぽすくま」年賀状が一番おすすめです。

ぽすくまガチャ年賀状で紹介したとおり、動く年賀状が簡単にダウンロードできてとても楽しい雰囲気になります。

他に画像年賀状の作り方というと、自分でハッピーニューイヤー!とメッセージを入れた動画をLINEで送信するとかでしょうか。この方法も家族や親戚、親しい友達なら喜ばれそうです。

画像や動画を使って新年の挨拶をLINEで送りあうのは、お正月のひとつの楽しみになりますね。
どのLINE年賀状サービスも、2019年12月。年末の時期から利用できますので、余裕を持って作成してみてはいかがでしょうか。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。